以前はお通夜に喪主の口上はなかったですが…。

普通は小生は『法事』と言うそうですが、綿密に言うと、先生にお経を読みいただくことを「法要(法要(ほうよう)とは、. 本来の意味は、仏教において釈迦の教え(仏法)を知るということ。つまり仏法の要点・肝要を知ること。 その後、上記の用語が転用され、法事・仏事・法会などの儀式祭礼などの仏教行事一般のことをいうようになった)」と言っており、法要(法要(ほうよう)とは、. 本来の意味は、仏教において釈迦の教え(仏法)を知るということ。つまり仏法の要点・肝要を知ること。 その後、上記の用語が転用され、法事・仏事・法会などの儀式祭礼などの仏教行事一般のことをいうようになった)と偲ぶ会も合わせた催事を『法事』と指します。
仏式において北枕に安置するのが良いといわれていますがご遺体の安置のルールについては仏式の他に神式、キリスト教など、様々な宗教・宗派の特色によって習わしが異なります。
先祖代々に関しての供養であるわけで身内でやった方が、一番ベストなのですが、それぞれの都合で、する事が無理なケースには、お寺に相談させてもらい、卒塔婆を立てるお参りに限って、求める事もあります。
後飾り祭壇はお葬式(正確には葬儀式と言い、亡くなられた方の冥福を 祈り、別れを告げる儀式のことを言います。 葬儀も通夜の起源同様、お釈迦さまの両親 が亡くなった時と、お釈迦さまが亡くなられた時にさかのぼります。一般にお葬式で人々の会葬を受ける場は「葬儀・告別式」です。 これは本来は「葬儀(式 )」と「告別式」とが別個に行われていたのが、 一緒に行われるようになったためにできた 言葉です)が終わって白木祭壇をしまった後に遺影写真・遺骨・位牌などを法事まで自宅に安置してお参りするための祭壇を後飾り壇と言います。
家族の代表は通夜・葬儀・告別式の実務的な部分の責任者となり広範の役割分担はご参列いただいた方への挨拶、などが存在します。

以前はお通夜に喪主の口上はなかったですが、現代ではお通夜に参列する方が多く、挨拶される人も増えているようです。
お葬式(正確には葬儀式と言い、亡くなられた方の冥福を 祈り、別れを告げる儀式のことを言います。 葬儀も通夜の起源同様、お釈迦さまの両親 が亡くなった時と、お釈迦さまが亡くなられた時にさかのぼります。一般にお葬式で人々の会葬を受ける場は「葬儀・告別式」です。 これは本来は「葬儀(式 )」と「告別式」とが別個に行われていたのが、 一緒に行われるようになったためにできた 言葉です)は寺院(寺院は、仏教における祭祀施設である。寺、仏閣ともいう。出家者が起居し宗教的儀式を行う施設である。 本来は仏教用語であるが、神道を除く諸宗教の教会・神殿を指す語としても広く用いられている)の僧侶による授戒(仏門に入る人に戒律を授けること)と引導(故人を彼岸に導く)を行う宗教儀式で、原則的には家族のみが参加されていたようです。
そんなふうに尊い方を離別された一家、に関しては、身近な、方が、経済の事情を、サポート、して差し上げる。
凛とした規定がない『家族葬』という用語ですが、重心的に家族や友人、親しい方をメインとした少数での葬儀の略称として常用しています。
葬儀屋ってのは葬儀になくてはならない準備を貰い葬儀を執り行う役目を、担う仕事を行う組織で、葬儀を執り行うお勤めや、それに就業する人の事を指し示します。

お仏壇とは想定されるように仏様つまり如来様をお勤めする壇の事を意味し加えてここ数年は、お亡くなりになられたご家族や、ご先祖を祀るところという思いが、自然になりつつあります。
それでもなお弔辞を述べる当事者にしてみるとピリピリと感じるものですから式次第に組み込むのでしたら、早めに変更が出来るなら、相談をして同意を得ましょう。
そのうえお墓(お墓とは、当たり前の存在だと思っていたお墓に意味を見付け出そうとするのが、現代社会ではないでしょうか。先祖供養、家族の絆、信仰などお墓は様々な意味を持ちます。 古来より人類は、亡くなった方やご先祖様への感謝の気持ちを表しご供養してきました)の形態も近年では豊富で今までは決まった形のものでしたが昨今は洋風化された、お墓(お墓とは、当たり前の存在だと思っていたお墓に意味を見付け出そうとするのが、現代社会ではないでしょうか。先祖供養、家族の絆、信仰などお墓は様々な意味を持ちます。 古来より人類は、亡くなった方やご先祖様への感謝の気持ちを表しご供養してきました)が多数みられますし、自由なスタイルにされる人も、多々見られます。
居住空間で身内だけの法要(法要(ほうよう)とは、. 本来の意味は、仏教において釈迦の教え(仏法)を知るということ。つまり仏法の要点・肝要を知ること。 その後、上記の用語が転用され、法事・仏事・法会などの儀式祭礼などの仏教行事一般のことをいうようになった)をされる場合戒名だけでなく亡くなった方のお名前のほうが心に残るのであればそれでも問題ないのでは、無いのではないかと思います。
自発的に記したエンディングノートも在りかを一人も知らなければ価値がなくなるので、信じる人間に知らせておきましょう。

仏事仏事

rerere